われよりほかに

アクセスカウンタ

zoom RSS おせっかい

<<   作成日時 : 2010/08/31 14:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

育児の放棄によってわが子を死に至らすものがいれば、高齢で亡くなった親の死亡届を出さずに自宅でミイラ化させてしまうものもいる。

そんな事件が相次いで起きたなかで、過去に遭遇した不可解で不思議な出来事をぼんやりと思い出した。
もう15,6年まえのこと。当時、住んでいたマンションでまだ赤ん坊だった子どもと二人で家にいたとき、近所から窓ガラスが割れたような音とともに、少年の大きな叫び声が聞こえた。驚いて4階の窓から顔を出すと不思議なことに誰も顔を出していない。「?」時刻は夕方かそれに近いとき。あんな大きな音と声がぼく以外の誰にも聞こえなかったの?まさか。
もしかして、これが白昼夢というやつなのか?と一瞬思ったそのとき、ふたたび少年の悲鳴のような泣き声が聞こえた。どうやら、場所はすぐ近くのアパートみたいだ。けれど、やはり窓やドアから顔を出したり、外に出て様子を伺っているひとは誰一人いない。今度はためらわずに110番したものの、パトカーが来ることの遅いことといたっらない。警官が少年の住むアパートに到着したときは、窓ガラスを割った者は(中年の男?)すでにいなくなっていた。あのときのぼくのとった行動を振り返ると、もしかして、ぼくのとった行動はピンク・フロイドのアルバムタイトルなのかな・・なんて思いにとらわれるとともに、コトが起きたときの周りの“あまりの静けさぶり”がいまだに不可解で、いま思い返してもまるで狐につままれた気分に陥ってしまうのだ。
画像

このアルバムのオープニングナンバーはあまりにも有名ですネ。

*後日談・少年のアパートに押し入った男は少年の親戚のおじさんで、泥酔状態だったとのことでした。ったく、人騒がせなオンチャンだった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
のるぶさんが体験されたことって、心理学でいう「傍観者効果」の見本みたいなお話ですね(^^。
豊田商事の事件で、記者やカメラマンの見ている前で会長が惨殺されるって出来事がありましたが、人には自分がやらなくても誰かが救うだろうと思って傍観者になってしまうところがあるみたいなんですね。
マンションみたいな集合住宅って、同じことが起こりそうな場所ではありますものね。
そういう時、傍観者にならず行動したのるぶさんって偉いなぁと思います♪
kiyotayoki
URL
2010/09/01 10:12
>心理学でいう「傍観者効果」の見本みたいなお話ですね

kiiyotayokiさん、ブログ名に「映画の心理プロファイル」を掲げられる理由に納得しました。さすが!
しかし、あのときはほんとに誰一人として姿を見せなかったので、いまだにあの出来事がほんとだったのかと思ったりもしてしまいます。

>人には自分がやらなくても誰かが救うだろうと思って傍観者になってしまうところがあるみたいなんですね

これは幼いこどもたちが死んでしまったあの痛ましい出来事を思い出させますね。そういえば、亡くなったこどもたちの住むマンションの隣人に住む男性が、日々、自責の念に駆られていることをニュースで流されていました。でも、あれは行政のことなかれ主義も絡んでいるので。いずれにせよ、なんともやり切れない気持ちになってしまいます。

>傍観者にならず行動したのるぶさんって偉いなぁと思います

とんでもない。じつは、110番にダイアルしたものの、そのあとの警察の形式通りの応対と態度にはいささか辟易しました。もっとも、すべてがそんなことでもないのでしょうが。
のるぶ
2010/09/01 22:27
今朝、86歳の女性が市営住宅の窓から転落して死亡した事件の追跡レポートをやってました。
実はわたしも近所の赤ん坊が一日中異常に泣き続けているので「まさかとは思うけど、虐待だったら後悔しそうだし」と悩んだ末に、行政の児童虐待ホットラインに相談したことがあります。
でも、その後も泣き声の状況は変わらず・・・
気になってどうだったのか問い合わせたら「個人情報なので調査結果は話せない」とのこと。
なんだかすっきりしないものを感じてしまいましたねぇ・・・
グロリア
URL
2010/09/02 11:02
>
「まさかとは思うけど、虐待だったら後悔しそうだし」と悩んだ末に・・・

グロリアさんもぼく同じような経験をされたのですね。
kiyotayokiさんが書かれていた「傍観者効果」のひとりにはなりたくないですもの。というか、まさに一刻を争う“ほっておけない”状況で何もしないなんて、寝覚めが悪いですもんね。
グロリアさん、ぼくはかねてから「個人情報保護法」は天下の悪報と呼んでいますけど、いかがでしょ?

のるぶ
2010/09/02 20:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
おせっかい われよりほかに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる